たくやがその日に起こったニュースについて思ったことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気女優の柴咲コウが、30歳を手前にしてついにハリウッドに
デビューすることが決定しました。ハリウッドスターとして
有名なキアヌ・リーブスの恋人役という大抜擢で、日本の
映画ファンたちの度肝を抜く発表がおこなわれています。

柴咲コウの出演が決定したのは、「忠臣蔵」をハリウッド風に
リメイクする「47RONIN」で、製作発表が1月28に
ロンドンで行われ、その席上であきらかになったものです。

テーマが純和風なだけあって、日本人キャストが数多く起用
されており、柴咲コウのほかには真田広之、浅野忠信、
菊地凛子などの実力派が参加することになっています。

忠臣蔵がテーマでキアヌ・リーヴスが主演、さらに日本人の
キャストが多数出演となると、日本人的にはキワモノてきな
印象を持ってしまうかもしれませんが、カール・リンシュ監督は
「西洋からみた視点で新しいものが引き出せるはず」と
自信をあらわにしています。また、同監督はオーディションの
段階で、柴咲コウのことを「オードリー・ヘプバーンのような
スターの輝きを持っている」と絶賛しており、ネット上では
早くも「リップサービスにしろ褒めすぎだ」との声が上がって
いるようです。

主演のキアヌも「この作品で主演を務めることができて、
非常に光栄です。日本人キャストとの共演も楽しみに
しています」と、日本の映画ファンに向けてのコメントを
発していました。

本作はユニバーサルの製作で、一説には制作費が160億円
とも言われる超大作で、クランクイン後はハンガリー、
ロンドン、日本で撮影がおこなわれる予定だそうです。

日本人には想像もつかない忠臣蔵になりそうですが、
日本での公開は忠臣蔵のお約束通り、2012年の
年末が予定されているそうです。
スポンサーサイト

関連タグ : 忠臣蔵, 柴崎コウ, キアヌリーブス, 真田広之, 浅野忠信, 菊地凛子,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。