過激性描写が狂気の領域!記者の「釈明を!」にブチ切れたラース・フォン・トリアー監督【第62回カンヌ国際映画祭】の速報なら!! (シネマトゥデイ)

ここでは、「過激性描写が狂気の領域!記者の「釈明を!」にブチ切れたラース・フォン・トリアー監督【第62回カンヌ国際映画祭】の速報なら!! (シネマトゥデイ)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年 楽天年間ランキングTOP10

意外にも
アレ
が1位でした。


以下、(過激性描写が狂気の領域!記者の「釈明を!」にブチ切れたラース・フォン・トリアー監督【第62回カンヌ国際映画祭】(シネマトゥデイ) より引用)

 ラース・フォン・トリアー監督待望の新作『アンチクリスト』が現地時間18日に第62回カンヌ国際映画祭で上映され、衝撃の中身が明らかになった。

 子どもを亡くした夫妻(ウィレム・デフォーとシャルロット・ゲンズブール)だけで繰り広げられる濃密な2時間9分の人間ドラマ。悲しみの癒えない妻を連れて、かつて家族と過ごした森小屋で過ごすも状態はさらに悪化。性器も露わに、むさぼるように肉体を求めて来たかと思えば、発作を起こしの繰り返しで、ついには狂気の領域に突入。目を覆いたくなるような肉体を傷つけるシーンもあり、プレス試写では「そこまでやるか」と言わんばかりの失笑が漏れていたほどだった。役者をとことんまで追い込む演出と、観客の神経を逆なでするような描写が満載で、ある意味、トリアー節は健在だ。

 予想通り、記者会見も大荒れになった。冒頭から「この映画を作った自己弁護と釈明をしてください」との質問が飛び出し、トリアー監督の隣に座っていたデフォーが、記者をにらみ付ける険悪なムードになった。トリアー監督は「わたしは弁解する必要があるとは思いません。わたしはいつも、自分のために映画を作っているのであって、観客のことを考えたことはありませんから。だから、責任を負う必要はないと思ってます」と怒りで声を震わせながら答えていた。

ラース・フォン・トリアーについて話題提供!!

 19日に発行された現地の映画誌各紙の評価は、いずれもBADや5点満点中星1つと厳しい評価が並んでいる。今年のカンヌは、大量の血が流れるバイオレンスを扱った映画が多いのだが、その中でも本作は、一番の問題作となりそうだ。(取材・文:中山治美)

【関連情報】
第62回カンヌ国際映画祭コンペ20作ここに注目!
熟女対決!ソフィー・マルソーVS.モニカ・ベルッチ女の色香ムンムン【第62回カンヌ国際映画祭】
男同士の激しい濡れ場あり!中国政府の検閲を受けない問題作!【第62回カンヌ国際映画祭】
審査員にショーン・ペンに離婚請求中のロビン・ライト・ペンも【第62回カンヌ国際映画祭】
うつ病でラース・フォン・トリアー監督が仕事できず

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090520-00000001-flix-movi

引用はここまでです。

ニュースって素敵だ(笑
でも果たしてこれでいいのかな?

三菱電機 エコポイント
エコポイント 商品
エコポイント tv
エコポイント 還元
エコポイント 対象機種

『ドッグヴィル』×『マンダレイ』 ラース・フォン・トリアー ツインパック【初回限定生産】

『ドッグヴィル』×『マンダレイ』 ラース・フォン・トリアー ツインパック【初回限定生産】

【ドッグヴィル】ロッキー山脈近くの寒村・ドッグヴィル。青年トムはギャングに追われる美しい女グレースを助け、村で匿うことを提案した。2週間以内に23人の村人全員から気に入られる条件を呑み、グレースは無償で肉体労働に従事する。だが、いつしか奴隷のように扱われ…。「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアー監督による"アメリカ3部作"の第1弾。人里離れた寒村を舞台に、ギャングに追われる若い女と、匿った村人の関係をプロローグと9つのエピソードで綴り、人間の強欲さと残酷さを描き出した人間ドラマである。■映像特典:トリアー監督関連予告編集<キャスト>ニコール・キッドマン、ポール・ベタニー、クロ・・・S-プレミアムCD・DVD&GAME館の商品はコチラ

¥5087

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://life00769.blog116.fc2.com/tb.php/106-4cc0f9d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。