愛知の高速バスジャック事件 逮捕の中2 動機が「親に怒られ嫌がらせ」とは・・・

ここでは、「愛知の高速バスジャック事件 逮捕の中2 動機が「親に怒られ嫌がらせ」とは・・・」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学2年生のボウズがバスジャックした理由は、親とのケンカやったとよ。

うちがボウズの事に、親とケンカしたハライセに仕出かした事と言えば、一泊二日の家出くらいやろかね。

別名、友達の家でのお泊り会。

次の日、学校に友達の家から登校して、下校時間にはなんの迷いもなく、自宅へ向かってましたとよ。


ケンカした直後ってゆうのは、相手に対してなんかしらのダメージば与えてやろうと必死に考えるわけなんやけど、そん情熱がうちの中で収まってしまえば、一刻も早く日常に戻りたいと願うもんやけど。

ボウズなら尚更の事やね。


うちのボウズの頃と今のボウズ達の環境が大きく違っとる要因のひとつにインターネットがあるけん。

イッターネットが持つ潜在能力ちうか、無限の可能性ば利用者は無意識に感じとるわけで、現実で手の届く範囲に人との繋がりば持てなくても、インターネットの世界ではうちの発言ば聞いてくれる人がいます。

いわば、あらゆる人や物事との距離感ば縮めてくれるとよ。

コミュニケーションツールとして使う分には問題なかのやろが、距離感ば縮めてくれる物事には"犯罪"も含まれています。

秋葉原の通り魔事件の発端も、そん後の犯罪予告の乱立も、そこからボウズ達が犯罪への興味ば持つ事も、どいでんがインターネットから始まっています。


一昔前なら、親とケンカしたから、親への嫌がらせに、バスジャックしてやろうだなんて、誰が思いつきました?
いや、想像の中で、思いつきはしたかもしれん。

でも実行する術ば誰も知らなかったはず。

インターネットの存在は、利便性ば飛び越えて、想像世界に止まっとった悪意ば現実のものに変えてしまう、実は相当恐ろしいものやなかかいなと考えます。



愛知県岡崎市の高速バスジャック事件で、逮捕された男は愛知県警の調べで、山口県宇部市内の市立中学2年の少年と判明しとったとよ。

動機について「親に怒られ嫌がらせでやった」やらなんやらと供述しており、県警で詳しい動機ば調べとるとの事。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080716-00000935-san-soci

電動 車イス
新幹線 車椅子
車いす カワムラ
ox 車椅子
車椅子 使い方
車いす 種類
車椅子 イラスト
車いす メーカー
車いす 体重計
車椅子 種類
車椅子 サイズ
車椅子 幅
車椅子 シーティング
ミキ 車いす
車いす リフト
ミキ 車椅子
日進 車いす
車椅子 昇降機
松永 車いす
車いす マーク

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。