「国際ガンダム学会」発足 アニメの中の未来都市を研究

ここでは、「「国際ガンダム学会」発足 アニメの中の未来都市を研究」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンダム作品の魅力ちうのは、モビルスーツと総称されるロボットへの人気もそうやけど、なんより、現実に起こりえるリアルな世界観も大人にもボウズにも認められとる要因だと思います。

近年テレビに登場するガンダムには、残念ながら、そんリアル感は感じられんけんのやけど、
本家である富野由悠季監督が手がけた作品には、"宇宙世紀"と呼ばれる時間軸が流れていて、人口増加に伴う宇宙移民の設定や、そこから発展する移民側の独立思想。

人が宇宙に出て生活するようになれば、いずれそうなるやろうなと思わせる秀逸な設定ばい。

そん現実的な設定の中でモビルスーツが登場するものやけん、モビルスーツも一緒に実現するかのように感じてしまいます。

ま、実際、宇宙世紀になってしもうたら、人類にとって相当困ったことになるんやけどね。


さて、そぎゃんガンダムの世界観について、学術的に真剣に研究する「国際ガンダム学会」が、発足することになりよったけん。

社会学や建築工学の大学教授やらなんやらの有識者で構成され、経済学や社会学の観点でガンダムの世界ば分析するそうばい。


正直なところ、宇宙移民が起こりえる時代ちうのは、技術的な観点に絞ってみても、後100年、200年は必要やろ。

ばってんくさそん頃のガンダムの位置づけは、娯楽アニメではなく、予言書や聖典に昇華しとる気がしてなりません。

ガンダムがあったからこそ、宇宙移民が実現するのか、宇宙移民が起こったからこそガンダムが予言書になるのか。

たまごが先か、にわとりが先か、の話やね。



人気アニメ「機動戦士ガンダム」について学術的に研究する「国際ガンダム学会」が発足することになり、28日、広島経済同友会(山本一隆代表幹事)やらなんやらが発表しとったとよ。

edwin カーゴパンツ
ディーゼル カーゴパンツ
ufo カーゴパンツ
カーゴパンツ 白
カーゴパンツ レディス
adidas カーゴパンツ
oshkosh カーゴパンツ
カーゴパンツ ロールアップ
green カーゴパンツ
ラルフローレン カーゴパンツ
お兄系 カーゴパンツ
カーゴパンツ 細身
アバクロンビー&フィッチ カーゴパンツ
ナイキ カーゴパンツ
リーバイス カーゴパンツ
タイト カーゴパンツ
アルファ カーゴパンツ
カーゴパンツ 靴
アディダス カーゴパンツ
カーゴパンツ グレー
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。