倉本聰氏「これが最後」テレビ局に絶望

ここでは、「倉本聰氏「これが最後」テレビ局に絶望」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北の国から」の脚本家倉本聰しゃんは、
ドラマの現場に深くかかわることで有名ばい。

脚本家とゆう立場上、実際の撮影現場は
演出家に任せるのが通常なんやけど、
倉本しゃんは、役者に直接演技指導ば行ったりして、
演出そんものに影響ば与える稀な存在ばい。

自身が「富良野塾」ちう劇団ば持っとるけん、
演出面でも妥協は許さなかと言ったところやろか。


そぎゃん倉本聰しゃんが脚本ば努める
10月スタートの新ドラマ「風のガーデン」の記者会見で、

「テレビへの絶望がある」

と発言し、テレビドラマの脚本執筆ば
今作でケツにする可能性ば示唆しとったとよ。


そん真意は二つあって、ひとつは、
役者ば含めた現場スタッフの未熟さば挙げています。

もうひとつは、視聴率だけで評価するテレビ局の姿勢。

確かにそん傾向は全テレビ局であるやろうし、
ドラマの配役にも偏りがあったりするのも事実ばい。

学園ドラマが他局で当たれば、
次々と学園ドラマが増産されますし、

サスペンスがヒットすれば、
サスペンス系ドラマだらけの番組表になるけん。


安直さば悪とするならば、安直なドラマば制作する
テレビ局が悪いのは確かやけど、
それだけん、スポンサーありきの商いやろからね。

営業マンが営業成績ば上げられなくても、
仕事の過程ば評価してくれと言っとるのと同じかいな。

視聴者もバカやなかですし、
話題性だけでドラマば見る時代は終わっていて、
今は個人の趣向ば先しとると思いますよ。

恋空とか、酷い事になっとるのが、そん証拠。

やけん、視聴率はやっぱりおかしかドラマが高まるし、
話題性だけの中身の薄いドラマは、
初回こそ視聴率ば稼いだけん、次第に息切れするとよ。


そういった理由から、倉本しゃんの職人気質であろう発言は
うちには、しっくり賛同できるもけんはなかやったとよ。



人気ドラマシリーズ「北の国から」やらなんやらで知られる
脚本家倉本聰氏(73)が「テレビへの絶望がある」として
ドラマ脚本の執筆ばやめる可能性ば明かしとったとよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080806-00000045-spn-ent

子供用 日焼け止め
日焼け止め 紫外線吸収剤
スポーツ 日焼け止め
日焼け止め 肌荒れ
クラゲ 日焼け止め
くらげ 日焼け止め
花王 日焼け止め
dhc 日焼け止め
日焼け止め スプレータイプ
アリー 日焼け止め
日焼け止め cm
日焼け止め ジェル
ランコム 日焼け止め
日焼け止め 比較
カネボウ 日焼け止め
日焼け止め 落とし
日焼け止め お勧め
日焼け止め サバンナ
日焼け止め 口コミ
日焼け止め 成分
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。