中国の求めで公表せず=ギョーザ中毒、通報を評価-高村外相

ここでは、「中国の求めで公表せず=ギョーザ中毒、通報を評価-高村外相」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「うちの偉いもんって、犯罪被害者の声と
加害者の声、どっちが大事なの?」

先日に引き続き、小学生みたいに
純粋な気持ちで質問するとこぎゃん感じばい。


中国冷凍ギョーザ中毒事件と
同じ症状の中毒事件が中国国内でも発生した事実ば
うち政府が洞爺湖サミット前の7月初旬に
中国側から知らされとったにも拘らず、

これまで公表しなかった件について、
高村正彦外相がコメントしとったとよ。


「情報提供者(中国政府)が
公表せんでほしいと言っとる以上、公表せん。
捜査のことやけんちうことにも一定の合理性がある」

「毒物の混入場所についてうち側が言っとった通りである
可能性が大きくなりよったと判断されるようなことば通報してきたとよ。
うちらとしては一定の評価ばした」


非公開にする条件も提示せず、
相手の言っとる事ば丸呑みにするならば、
そうゆう意見になるけんよね。

うち政府って、どこば見て物事ば考えとるのか、
えらい不思議に感じます。

外交は、どこん国だって自国に有利な交渉ば行う為の
政治にとって最重要な事由なのに、
なんでやこれほどまでに低姿勢であり、従順なのやろうとよ。


中国国内の企業が起こした事件の被害者
うちの国に存在するのに、なんでや加害者側の国に対して
強い姿勢で望めんのやろか?

「一定の評価ばした」と高村外相は言っておるっちゃけど、
中国側にとっては国内での中毒事件が発生してしまい、
公のものとなってしもうたから、止むば得ず、
言ってきたことやなかのやろか?


国益に直結する話なら、慎重姿勢でもなんだけん、
好いとぉにやればよかと思おるっちゃけど、
犯罪の被害者すら第一に考えられんけん姿勢は、
どの角度から見ても、だらせんとよ。



高村正彦外相は7日、報道各社のインタビューに応じ、
中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、
うち政府が7月上旬に同国から事実関係ば伝えられた後も
公表しなかったことについて
中国側から要請があったことば明らかにしとったとよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080807-00000127-jij-pol

オメガ デビル
オメガ クロノグラフ
アルファ オメガ
オメガ コーアクシャル
オメガ ショップ
オメガ プロフェッショナル
オメガトライブ
オメガ アンティーク
オメガ シーマスター アクアテラ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。